Filtermist装置は効率的にオイルミストを除去し、作業場の安全な環境を守ります。

世界の職場の衛生安全基準に適合

健康及び安全に関する法律

日本労働安全衛生法(最終改正:平成二七年五月七日法律第一七号)第四章, 「労働者の危険又は健康障害を防止する為の措置」二十二条及び二十三条において、下記の様に定められています。

第二十二条  事業者は、次の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければならない。

一  原材料、ガス、蒸気、粉じん、酸素欠乏空気、病原体等による健康障害
二  放射線、高温、低温、超音波、騒音、振動、異常気圧等による健康障害
三  計器監視、精密工作等の作業による健康障害
四  排気、排液又は残さい物による健康障害

第二十三条  事業者は、労働者を就業させる建設物その他の作業場について、通路、床面、階段等の保全並びに換気、採光、照明、保温、防湿、休養、避難及び清潔に必要な措置その他労働者の健康、風紀及び生命の保持のため必要な措置を講じなければならない。

作業場排気測定(空気モニタリング)

オイルミストを発生させるアプリケーションの多くでは、作業者が有害物質の数々にさらされる可能性があります。こうした混在物質はダスト、煙霧、蒸気、繊維、ガス、微生物など多様です。物質により、またそれにさらされる度合いによって、従業員の健康に被害が及び、発病につながることもあります。

Filtermist装置は空気中の汚染物質を減らして、製造企業が現地の衛生安全ガイドラインを遵守する一助となります。国によっては、会社や社内の責任者に重い罰金を科すなど、衛生安全ガイドラインへの違反を厳しく取り締まっています。

また事業の生産性に悪影響を及ぼすダウンタイムや病欠を低減させるためにも、作業労働者の健康を守ることは大切です。空気モニタリングによって作業員が汚染物質にさらされる程度を把握し、設置したコントロール対策の有効性を評価することができます。その結果を該当する制限値と照合すれば、改善の必要性を判断することが可能になります。

フィルタミスト社では、コントロール対策の有効性についてご相談に乗り、適切なリスク管理戦略の作成をお手伝いいたします。

空気モニタリングはいつ必要なのか?

  • 空気中の物質を吸引することで健康被害の可能性がある場合。
  • 作業員が汚染物にさらされる度合いが制限値を超えていないかどうかチェックする。
  • 現行の制御対策で十分であるか、改善が必要かをチェックする。
  • 新しいコントロール装置が十分役割を果たすかどうかチェックする。
  • プロセスや製造の変更後に、空気中の物質に変化があるかどうか査定。
  • 健康リスクを監視することが必要かどうか示す。
  • 保険請求に対する防御策として。

サービスモニタ

F Monitor

F Monitor

F Monitorを使用すると、抽出システムが効率的に作動しているか、整備が必要かを正確かつ簡単に一目で確認することができます。

Fモニタ
  • ニューヨーク00:00
  • ロンドン00:00
  • パリ00:00
  • ムンバイ00:00
  • シンガポール00:00
  • 北京00:00
  • 東京00:00