新着ニュース

イギリスを拠点とするオイルミストフィルタ製造企業フィルタミスト インターナショナルは、イギリス企業の買収を続けて行った年の後、記録的な成長を遂げ、全部門において売上が伸びたことを発表しました。

フィルタミスト ユニットの2017年の日本での売上は、2016年と比較して40%増となりました。スウェーデンのAbsolentグループの一員であるフィルタミスト インターナショナルは、昨年の同時期と比べて事業全体として14.8%売上が増加したことを発表しました。現在の為替レートが2017年の業績の要因ですが、そのような一般経済情勢を別にしても、この売上は非常に素晴らしいものです。

1969年、英国シュロップシャーにて操業を開始したフィルタミストが製造するコンパクト、低騒音、効率的なオイルミストフィルタのシリーズは、厳選された代理店のネットワークを介して世界の60を超える国に輸出されています。

この英国の企業は、京都を拠点とするダイナミックツール株式会社(ダイネックス)と20年以上協働しており、両者の関係は年を追うごとに強まっています。フィルタミストのビジネス開発マネージャー クリス・ハーパーは、それをこう説明します。「当社は、日本におけるフィルタミストブランド認知度を向上させるため、長年にわたってダイネックス社と密接に協力してきました。2016年には、東京の展示会JIMTOFに初めて出展し、これが昨年日本で見られた成長の重要な要因でした。」

「そのように前回実に成果が出たので、今年終盤に開催されるJIMTOFにも当社は再び参加します。」

この意欲的な企業は、世界の重要市場における存在感を高めるため、先ごろから様々な方策をとっています。その例には、中国での貿易会社Filtermist (Shanghai) Ltdの設立、そして当地での専任の営業部長などの追加スタッフの任命があります。

また、ドイツでは2名のFiltermist営業部員が任命され、このチームには今年後半には3人目も加わる予定です。そしてインドでは販売促進のためビジネス開発マネージャーが採用されました。2017年には、主に ASEAN地域において5つの代理店がさらに指定され、世界に存在するフィルタミスト代理店の数は54となりました。

クリス・ハーパーは続けて言います。「フィルタミスト ユニットは、自動車、航空宇宙、医療機械などの幅広い領域の製造産業、基本的に金属切削を行うあらゆる産業において使用されています。日本の法律では、害を及ぼす可能性のあるオイルミストに曝露しないよう雇用主は従業員を保護しなければいけません。これは当社のユニットでとても効果的に行えます。」

「そして工作機械メーカーにとって、当社が60カ国以上において現地サポートを提供していることは非常に有益です。工作���械がどこで使用してされていようとも、フィルタミスト オイルミストフィルタを取り付けられていれば、熟練技術を持つ当社代理店からお客様はテクニカルサポートとメンテナンスを受けることができるのですから。」

御社の機械のオイルミスト除去の要件に関しましては、ダイネックスへお問い合わせください。

  • ニューヨーク00:00
  • ロンドン00:00
  • パリ00:00
  • ムンバイ00:00
  • シンガポール00:00
  • 北京00:00
  • 東京00:00